忍者ブログ

興味の赴くまま、思想に拘らず

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、文章を書くのが億劫なわけではないのだけど妙に時間が掛かる。
おかげでアップするにも暇がかかっている。すんませんm( _ _ )m
別に並行したブログが他に幾つもあるからと言うのが原因ではないと思うんだけど…(汗)


それはさておき。先週末に参加してきた「ひの新選組祭り」
5月だって言うのに予想外に寒かった二日間。雨も降るし。
いろんな意味でコンディションが悪かったにもかかわらず日野は熱かった!


拍手[0回]


以前、「一緒に回ってくれる人を募集」とエントリーしたところ
立候補してくれた奇特な方がいらっしゃった(踊)!!本当にありがとうございましたm(_ _)m


行きたいところをピックアップしただけでルートだのは一切、検討していないという
まさしく行き当たりばったりの状態だったけど(←←)日野はコンプリート!!!
今、考えると凄いわ。絶対一人で参加していたらここまで回れなかったはず・・・(嬉涙)

初日は高幡不動尊・新選組のふるさと歴史館を巡った私達。
書状にしろ、所縁の道具にしろ、やはり現物を直に拝めると言うのはマニアの真骨頂←←
特に「新選組のふるさと歴史館」で開催中の「新選組 戊辰戦争の中で」はかなり見応えがあった。
入館料が非常に安いのに資料がとても充実していて、本当にブラボー。
中でも『大久保大和書状封紙』の近藤先生の文字に感動の嵐だった私。
常時開催だともっと嬉しいんだけど、そうはいかないもんだよね。

そう言えば、高幡不動の駅近くにある池田屋に幕末の人々のポスターが売っていた。
(否、ただ飾ってあっただけなのだろうか?)
坂本竜馬・高杉晋作・近藤勇・土方歳三、そして桂さんだったか勝さんだったか←←
と、この5人まではよかったのだけど、一人誰だか判らない人がいる。

…。沖田総司!!(爆)

これは・・・似顔絵?それともCG??
いやぁ、どう見ても松○龍平くんみたいなんですが。御法度仕様???
とことん笑わせていただきました←←

そして2日目。
井上源三郎資料館や日野宿本陣、土方歳三資料館など見るところが多く(石田寺にお墓参りも)
また、この祭り限定で公開されるものもあるため、かなり欲張って行動しなければならなかった。
それぞれの所在範囲が割と広いので移動には正直苦労した。バス乗り損なう事3回とか←
物凄く大変だったけど無理して廻って正解。
源さん(←)のところでは丁寧に解説などもしていただいて得る物の多かった感が大だった。
特に「本当は源さんは強かったんだ」と言う証拠である天然理心流の免許状については
かなり力入れて説明してもらった(と言うか、してくれた。笑)
よかったね、源さん。現代人はあなたを高く評価してますよ(笑)
八坂神社の天然理心流奉納額は年に2回しか見られないということで、これもきちんと拝んできた。
飾りの刀を昔、子供がいたずらでチャンバラに使って失くしてしまったため
現在飾られているのは2代目だとか。まさしく、地元ならではのエピソードというか、
当たり前にある歴史、その生活に根付いている感が凄くいいなぁと思ったりして。

その他いろいろ見て廻ったんだけど、あまりに沢山見すぎて記憶がぐちゃぐちゃ(爆)
他にもいろいろと見て書きたいんだけどまとめられない!ごめんなさいm( _ _ ;)m
土方さんの資料館は閉館近くに訪れたにもかかわらず、凄い人だった。命日だったしね。
兼定や池田屋で使われた鎖帷子などが展示されていて、その迫力はやはり本物でしか感じられないと思う。ここでの解説はとても簡潔で判り易く、とても勉強になった。他所は他所で味があったんだけどね
『豊玉発句集』も展示してあって、本物を拝めて凄く嬉しかった。記念に絵葉書買っちゃった

で、実は今回の私たちのメインイベントは日野在住のTOKIO仲間さんからタレこみのあった
某児童館で行われたスタンプラリーだったりする(爆)
参加者には「誠」の缶バッジが貰えると言う。その上、祭り開催期間中だけ「誠ベーゴマ」が
限定販売されるのだと。この情報をGETした瞬間「もう、これは参加するしかない」と
パレードそっちのけで食いついたのである。

DSCF0260.jpg  「遠方から来ていただいたので」と缶バッチ2個ゲット♪
  ベーゴマは自分で塗装してもいい感じになるらしい。
  木製コースターは『ひの新選組祭り』のオフィシャル(?!)
  スタンプラリーの記念品。
  実は数年前の紙製のほうが良かったとは言わないが(爆)



一週間も遅れたエントリーの上、とりとめもない内容 orz
でも本当に楽しかったし、行って良かったと充実感120%。来年も必ず参加するぞっ!!



その他写真なぞ。


honnjinn1.jpg  日野宿本陣の上がりかまち(というのか!?)
  甲陽鎮撫隊が出発する時に自分は元気だと
  沖田さんが四股を踏んだと言われる。
  因みにこの奥の暗い部屋で歳三さんが昼寝をしていたそうだ。





yatake.JPG
   言わずと知れた土方さんの矢竹。
   看板が竹に埋もれて見難くなってしまった(^^;







PR
<< 幕末熱復活   HOME   GWですよ! >>
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [48]  [53
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
こうやって実際に当時のものを目にすると
「あぁ、本当にココにいたんだなぁ」って
感じる事が出来るのが、すごくウレシイですねぇ!
京都を歩いていても、ホントにいたんだよね!
ってそればっかり(笑)
まだ1度も日野に行った事のない私・・・
ブログを読んでいて「あ、ココも行きたい!
ココにも行ってみたい!!」と
心は日野! って感じw
充実感120% 最高ですね♪
あぁー、私も早く日野に行きたい!
(実は11月くらいに行っちゃおうかと
コッソリ計画中w)

wool 2008/05/19(Mon)16:56:27 編集
安堵
めいっぱい楽しまれたのですねー よかった。
日野市民でありながら組の知識に疎い私からすると、遠方からはるばるやってきていただく価値が当地にあるものなのかどうか、それすらも不明で。祭りが雨でイベント縮小されちゃってるなんて事ばかり恐縮してましたが、それこそかえって失礼な事だったかも。

「そこに存在していた」事実が重要なんですね。
うん、今始めて納得行きました。
雨ならば雨の日の彼らが偲ばれる。
また何度でもおいでませ~
地元ならではのネタをまた仕入れておきます。
飛綾 2008/05/20(Tue)15:10:59 編集
>woolさん
すっかりレスが遅くなりましたm(_ _;)m

>「あぁ、本当にココにいたんだなぁ」って
感じる事が出来るのが、すごくウレシイですねぇ!
本当にそうですよね。
日野宿本陣で歳三さんたちも触ったかもと門を撫でたり←
お昼寝の間に座ってみたり(寝転ぶ人もありww)
100年以上前の話ですが今もきちんと残っていて
その上語り継がれていくことの素晴らしさですね。

是非、本物を拝んできてください!!
★★りんりん★★ URL 2008/05/26(Mon)15:50:16 編集
>飛綾さん
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。

その節は本当にお世話になりました。
>祭りが雨でイベント縮小されちゃってるなんて事ばかり恐縮してましたが、
>それこそかえって失礼な事だったかも
私にしてみれば地元のお祭りにミーハーチックに参加する方が失礼なのでは?
と思っていたのに「わざわざ遠くから」と日野の皆さんが親切にしてくれて有難かったです。

来年もお世話になります!!(って、今年中にお世話になったら宜しく…)


★★りんりん★★ URL 2008/05/26(Mon)15:56:50 編集
うひゃぉう
りんりんさん、その節はご一緒いただきありがとうございました☆りんりんさんじゃなきゃ、あんなに面白楽しく、かつ、いい感じにゆるゆるとは日野を堪能できなかったな~・・と、終わってから感じてる次第でございます(感謝)。

ホント、池田屋の総司は誰だったんでしょう?あれは売り物では無かったですよ。更に謎です。

一番のインパクトは前川清、これにつきます(笑死)。思い出しては・・・ぶふぅとなってます。

スタンプラリーも一人で出来なかっただろう最高に楽しい出来事でした♪ベーゴマ、かっこいいよなぁ~。

ぜひまた、新選組巡りに行きましょう。マジでお誘いするので覚悟しておいてくださいねフフフフフ(にやり)
一筆書きの近藤さん&土方さんをペラペラしては、「近藤さん(土方さん)がいっぱい居るよぉ!!」と興奮しております。素敵・・・(鼻血)まだまだ余韻に浸ってます。
べに。 2008/05/26(Mon)17:57:18 編集
>べに。さん
本当に楽しかったですねぇ。
バスに乗り間違えても、思ったより遠い距離を歩く羽目になっても
当に『一人じゃないって素敵なことね☆』です(笑)
こちらこそ一緒に行ってくれたのがべに。さんで感謝してます。
三鷹も会津も京都も、お声を掛けていただいたらお供します!!!
あ、函館も(笑)

>前川清
このネタはタブーですよね?やっぱり。
★★りんりん★★ URL 2008/05/27(Tue)11:40:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[05/27 ★★りんりん★★]
[05/26 べに。]
[05/26 ★★りんりん★★]
[05/26 ★★りんりん★★]
[05/20 飛綾]
プロフィール
HN:
デイジー
性別:
女性
自己紹介:
新撰組好き歴、早5年ほど。
近藤局長がご贔屓。
心のバイブルは「近藤勇白書」(池波正太郎著)
Copyright 組子な日々 by デイジー All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]