忍者ブログ

興味の赴くまま、思想に拘らず

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年、理想の上司としてハマっていた遠藤憲一と
最近、何故かハマってしまった陣川くん(原田龍二ではないという辺りが…)を
Wで楽しめるものはないのかと検索をかけたところ、ヒットしたのがこのVシネマ。

手元に届くのを首を長ーくして待っていた私である。

拍手[2回]


愛しのエンケンが容保さまだったり、歳三さんに寺島進だったり、ある意味奇想天外。
陣川くんは誰だかよく判らない(!!)長州藩士だったけれども
原田左之助が陣川くんのリアル弟、宮部鼎蔵に清水宏次朗というサプライズも(←)
この香ばしすぎるキャスティングにビーバップ世代の私は大興奮。
しかしVシネだと舐めてかかってはいけない。
適度に史実に忠実で、幕末好きなら想像しそうな沖田総司と岡田以蔵の絡みなど
幕末エンタメとしては、なかなか見応えがあったりする。
坂本龍馬や宮部鼎蔵の使い方も、素晴らしいほどに幕末エンタメだ。

前篇は浪士組結成から池田屋事件まで。Vシネっぽく内部抗争がメインテーマ。
浅黄色のダンダラ模様は赤と黒になっていて、これまたVシネチック。
近藤先生の人間性がどうにもヤクザチックなんだけど
実際の新撰組もこんな風なならず者集団の要素はあったのだろう。
演技のほどはまあ…なんだけど、白竜の芹沢鴨はイメージ通りでよかったと思う。
お互いを「芹さん」「近ちゃん」と呼びあうのは微妙だけども(苦笑)
イメージ的にどうよと思っていた寺島進の土方歳三は想像以上にカッコいい。
山南さんに対する含みのある演技がとてもいいのである。
セリフの言い回しも、渋くて渋くて…。いい役者だなぁとしみじみ思うのだ。
そういう意味ではやっぱりエンケンも素敵だった。
京都守護職というよりは正直、遠山の金さんみたいだったとしても(←)
容保さまの優しさや甘さみたいなものが漂っていた。脇にいた神保修理も渋かった。

しかし、私が最も萌えてしまったのはリアル弟の原田左之助である!!

昔はそんなにカッコいいと思わなかったんだけどなぁ、この人。
左之助さんのイメージと言えば短気でワイルドなんだけど
本宮さんが演じると寡黙で冷静な感じの人物像になっていた。
それなりに熱さはあったけどね。
どちらかと言えば斎藤一の方が似合ってるのでは、と思うんだけど
もうそんなことどうでもいいくらい、カッコいい。本当にカッコいいのだ。
池田屋に援護で戦っている時に「こなくそーっ」と叫んでくれて、萌えは絶頂へ。

池田屋事件といえば
山崎邦正みたいな吉田稔麿が沖田さんに切られたときに放った
「何もしらねぇで、俺たちのこと斬りやがって」という台詞にちょっと感動も。
深いよね、この言葉……。

予告編に入っていた後編はまさかの函館戦まであるようで、早速購入決定。
ますます悲しいことしか起こらないけど、今度は陣川くんが活躍するはず!

この感想を書くために、そして左之助さんを堪能するために
DVDを2度見しましたなんて……(*ノノ)
PR
  HOME   幕末熱復活 >>
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/27 ★★りんりん★★]
[05/26 べに。]
[05/26 ★★りんりん★★]
[05/26 ★★りんりん★★]
[05/20 飛綾]
プロフィール
HN:
デイジー
性別:
女性
自己紹介:
新撰組好き歴、早5年ほど。
近藤局長がご贔屓。
心のバイブルは「近藤勇白書」(池波正太郎著)
Copyright 組子な日々 by デイジー All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]