忍者ブログ

興味の赴くまま、思想に拘らず

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遂に師走(蒼白)
これから怒涛のような仕事に追われるのかと思うと心が折れてしまいそうだ。

で、今日は松平容保公の命日である。

何気につけたスカパーで『白虎隊(1986年)』をやっていた(@チャンネルNECO)ので 
途中からだったけど真剣に見てみた。
実はこれ、中学生の頃に見た。が、全く覚えていない(爆) 主題歌は耳から離れないのに。
というより、どうも後半のみを見たような……。

タイトル通り『白虎隊』がメインテーマということで歴史は会津藩目線で進行していく。
前半部分で慶喜公が江戸に戻り、神保修理が自刃する。
会津藩に関する知識がまだ薄いため、初めてこの経緯を知った私。やっぱり悲しい話だわ(涙)

私が見たとき、ちょうど池田屋事件の場面だった。やはり運命(爆)
近藤先生を夏八木勲が演じている。…渋くて、素敵だ(ぽっ)
土方さんを近藤正臣、そして沖田さんを、……かっちゃん(故・中川勝彦氏)??
声を聴いて「マイケル(@ガラット)ってこんなだったかしら?」とマイナーなことを思う私。
娘さんはお父さんにも似ているのだと実感。
さすがビジュアル系だけあってステレオタイプな沖田総司だった ←←
この時代はまだ池田屋二階突入が前の階段からである。死番の近藤先生の迫力が素敵だ。
不思議なのは新選組のあの羽織が白地に浅葱のダンダラ模様であったことだ。
近藤先生だけでなく全員が白い羽織なのである。なかなかカッコいいけど…ねぇ???
でも、血戦を終えた後の羽織が然程、汚れていないのがどうも不自然な気がして(^^;
新選組に関しては割と粗相に(まあ、仕方ないけど)描かれていたので
土方ファンではない私的には後半を見る必要はないかも。
(などといいつつ予告に新田純一とか出てたので見ようかな、みたいな ←)

この時、坂本竜馬を演じていた中村雅俊。
あまりお風呂に入らなさそうな感じとか、テキトーそうなイメージとか←←
何だかもうピッタリだった(笑)土佐弁の良く似合う人だと思った。
中岡慎太郎役の人もかっこよかったんだけど誰だったのか…。

こういう豪華な時代劇を見ると「嗚呼、年の瀬」と落ちる涙を止める術なしの私であった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
はじめまして。
おじゃまします。ブログ村のリンクから飛んできました。中岡慎太郎ファンですが、幕末全般好きです。幕末の中でも会津藩にはなぜか興味があり、この「白虎隊」のDVDも買いましたよ。なかなか完成度高いですよね。ちなみに会津では神保修理が好きです。国広富之さんがやってましたね。夏八木勲さんの近藤勇もイメージあっていたように思います。ちなみに、中岡慎太郎は木之元亮さんです。無骨な感じがあっていたように思います。
shinta URL 2007/12/09(Sun)01:59:18 編集
いらっしゃいませ
shintaさん、はじめまして。
訪問&コメントありがとうございます。
中岡さんファンの方なんですね。
私、知識に乏しいのですが宜しくお願いします。

>中岡慎太郎は木之元亮さんです
おおっ(嬉)!!!
あの中岡さんはロッキー(@太陽にほえろ)だったんですね(奮)!!!
道理で見たことあるなと思ってたんですよ。
疑問が解決してすっきりしました。ありがとうございました。

「白虎隊」は確かに完成度の高い作品だと思います。
shintaさんの好きな神保修理も品のある国広さんが演じていたので
高潔な感じがよく出ていたと思いました。
このドラマで演じていた役者さんの世代の方々って言うのは
「バンカラ」な感じが滲み出ていて、今の若い人にはない迫力というか
幕末を表現するのにピッタリな気がします。
(勿論、大河の若々しい幕末も素敵だと思いますが)
★★りんりん★★ URL 2007/12/09(Sun)14:15:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[05/27 ★★りんりん★★]
[05/26 べに。]
[05/26 ★★りんりん★★]
[05/26 ★★りんりん★★]
[05/20 飛綾]
プロフィール
HN:
デイジー
性別:
女性
自己紹介:
新撰組好き歴、早5年ほど。
近藤局長がご贔屓。
心のバイブルは「近藤勇白書」(池波正太郎著)
Copyright 組子な日々 by デイジー All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]